記事検索
profile

@monaken

サブカルチャー漬けのノンビリ屋さんです(´∀`)

掲載写真の利用の際には事前にご連絡ください。

-Since2001/10/11-

access counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

リストラされた100人貧困の証言 (宝島社新書)
リストラされた100人貧困の証言 (宝島社新書)
クチコミを見る

■ホームレスだけど、失業保険も生活保護もサギだと確信した : TRTR(・Д・;

事の経緯はこんな感じ。
  • 北陸地方在住で派遣会社経由で2年間勤務してた会社を切られた
  • 次の仕事の紹介は車通勤が必須な地域ばかり(免許なし)
  • 免許が無いので仕事が見つからない
  • 派遣会社の勧めで「会社都合」で退職したが、実は「自己都合」にされてた
  • 社宅を出るハメになって実家に帰ると母が闇金の取り立てにあってた
  • 親族は借金持ちの母のみ
  • 生活保護を受けようにも「母に扶養されている」という書類上の扱いのためNG
  • 役所はにはすべて表面上だけの対応をされて八方塞がり
  • 法律相談しても駄目だった
なんか辛辣なレスばかり目立つけど、経験上、首都圏みたいに問題が表面化しやすい地域なら、こういう場合でも救済措置がでやすいんだな。
ただ、地方になると依然として親族繋がりの問題解決や会社が悪いことをしないという「会社性善説(w」が根強いので、こういう致命的な問題も無視されやすい。

あと、派遣会社については担当者の言うことがほとんど嘘っぱちなんてのはザラ。
以前5年近く働いていたトコでは、同じ会社でも6人ぐらい担当者が変わったし、派遣切りにあった際は派遣会社の営業から現場責任者まで逃亡。あとは何も知らない事務処理部署に回され放置されて「あなたは自己都合退社です」の一言で電話を切られたこともあったしで。
こんなのだから、気になる発言があれば必ず裏を取るぐらいの気構えじゃないと怖くて付き合えないッスね。

それによく言われる「家族が最後のセーフティーネット」は一理あるけど、こういうところに助けを求められない人を救うのが行政サービスなんじゃない?これこそが古いしがらみを捨て「自由な時代」を手に入れた代償なんだから。

■もう“タダ乗り正社員”は生き残れない? 日本企業に「解雇解禁」の時代がやって来る|今週の週刊ダイヤモンド
本来クビになるべき人が手当たりしだいにクビを切ったり煽ったりする現実。この記事を書いてる出版社を含めてね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
media marker
  • ライブドアブログ