記事検索
profile
access counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ホタル 蛍 firefly
photo by senyo78

アクアマリンふくしま職員の退職騒動からはじまった「ホタルプロジェクト」問題。

オイラにとっては地元の大問題なので早速調べてみたよ(;´∀`)


事の始まり


■復興ブログの終了について - アクアマリンふくしまの復興日記 - Yahoo!ブログ

7/23の18時頃に書かれたエントリーにはいくつかの衝撃的な内容があった。
・大きな損害を受けた水族館復活に尽力した職員の突如の辞任
・原因は地元温泉街のイベント主催者からの圧力

科学的根拠がデタラメな「イメージ優先なだけなイベントは復興に繋がらない」という認識はいわき市のみならず被災地(特に原発被害にあった地域)の人にとっては共通のモノ。

そういう経験を踏まえた上での「復興の名を借りた圧力」に対抗するには「相応の抗議」が必要に思えたのかも知れません。その抗議が自身の職を賭けたものだったことがこの記事から読み取ることができます。


反応


■アクアマリンふくしま「復興ブログ」が終了 「職を賭して伝えなくてはいけないこともあります」 - ねとらぼ
■水族館「アクアマリンふくしま」の復興ブログが終了 記事内容に圧力 - はてなブックマークニュース

主にネットニュースが反応してますが、双方の意見が出てない段階なので紹介にとどまってます。

■アクアマリンふくしまの復興日記ブログ、閉鎖へ。ホタル放流に反対したらブログに圧力かけられた : (^ν^)速報 - にゅっそく
こういう「どこぞのスレの転載です」と言いながら根拠のない煽りするコピペサイトは死ねばいいのに。

■アクアマリンふくしま職員がいわき湯本温泉のホタル放流イベントを批判して退社へ。 | フライの雑誌社
■アクアマリンふくしま「復興ブログ」に国の支援うけた「いわき湯本温泉ホタルプロジェクト」が圧力! 職員・富原聖一氏が職を賭して告発:ざまあみやがれい!

こっちは「行政や地域の陰謀論」。どれも勝手な推測で現地取材は全くしてない。電話やメールで問い合わせるぐらいは簡単なのに、よっぽど忙しいのかな?


と、こんな感じで外野の皆さんが「誠実な職員を退職に追いやる地方都市の闇」とか「復興のためなら手段を選ばないほど追い込まれた温泉街」という情報を拡散しちゃった訳です。どれも取材や確認もなしの一方的な意見なのに。


地元民の反応と検証


■“環境水族館”アクアマリンふくしま が教えてくれること、そして… - Togetter

内容としては湯本側関係者(と勝手に書かれた人。理由は後述)からの経緯に関するコメントとホタルプロジェクト自体の検証がまとめられている。

技術顧問なる先生さんは実は科学音痴だったり、ホイホイ名前を貸しちゃう地元の名士とか「なんで検証しなかったんだよ!」とツッコミどころはありますが、最大のツッコミどこは「一体誰が職員を恫喝したの?」。


しらべてみたよ


元々、湯本は「温泉旅館組合」と「商工会」があって今回のイベントは商工会の方が「東京のイベントプロデューサーの持ち込み企画」を実行したもの。

実行員会には旅館関係者も多くいるけど、運営にはほとんどタッチしてない模様。人によっては一方的に連絡があって勝手に名前が載ってたとか。
市長に議員も同じように、国の省庁から予算をとったプロジェクトなら後援とかの申請をだしてあいさつ回りしてOK貰えば「お歴々の名簿」が出来上がり。
地元では普通は面倒なのでやる人は少ないけど、新聞とかで目立ちたい人はやってます。

ちょいと話が飛びますが、本件の事前知識として知ってもらいたいのは、
今の湯本温泉郷は震災後に多く来た工事関係者も減り、観光客を呼ぼうにも料理とかのサービスを行う人材を工事関係者受け入れ時期に解雇してしまった関係で観光的なサービス提供が難しくなってしまってる。これは昨年からの大きな課題でいまだ具体策が打ち出せてないのです。

こんな前提を踏まえると、自分の職場で精一杯で「全く新しいなにか」を行うほどの余裕が無いのです。だからこそ「有効そうな企画」は喉から手が出るほど欲しいわけで、良い意味においては「町の人の支援を受けやすい環境」だったります。
だからこそ「国の支援をうけてスタッフまで連れてくる」プロジェクトは魅力的だったのかも知れません。

とは言え、どんなお人好しでも町の評判が失墜するほどの損害となれば別の話。

7/24の朝に富原さん退職が話題になり、関係者が事実確認に奔走した時には、町の名前で勝手に恫喝したことは寝耳に水状態。
「一体誰だ?!」となった時に町から消えた人の男がいました。

それがこのプロジェクトのプロデューサーなる人物の「郷右近 丸彦」。


「ネット夜逃げ」されました


■人生冒険企画塾 郷右近丸彦の感動日記

■郷右近 丸彦(Maruhiko Go-Ukon) Facebookページ

■郷右近丸彦 Facebook
「日本を明るく元気にする人材を育成するプランナーであり、感動創造プロデューサー。 数々のイベントやコンテンツ制作、商品開発などを企画し、プロデュースしてきました。 世の中を「善循環」にするための、社会貢献も含めた企画を中心にプロデュースしています。 東日本大震災以降は、東北の復興支援に奔走し、現在は「ふくしま復興プロジェクト」の中心的人物として日々奮闘しています。」郷右近丸彦 Facebookから

なにかと福島でがんばってる人みたいです。
でも不思議な事に、ホタルプロジェクトの名簿には名前が載ってないんですよね。

■ふくしま復興ホタルプロジェクトの名簿

■正義と正義 どちらが正しいでしょうか?|人生冒険企画塾 郷右近丸彦の感動日記

このエントリーが書かれたのは7/24の22時頃。復興ブログ閉鎖が話題になって関係者が事実確認のために問い合わせた日なのだけど、書いてる内容がこれまた酷い。
「相手が殴ってきたから殴り返したので和解できません」
だいたいこんな感じでダラダラと文章が続き、「ご意見等は全て受け止めます」とか書いてあるので関係各所からの問い合わせが相次いだことが伺われます。

7/25の昼頃、資料がてらこのページのデータを取ろうとアクセスしてみると…。

消えてる!
このエントリーの外にホタルプロジェクトのすべてのデータが消えてる(;゚Д゚)?!
ついでにFacebookの方も同プロジェクト関連をガンガン消してる。

なにこのネット夜逃げは(;´Д`)


自身のFacebookにはエントリーの残骸はあるんだけど…。
珍しく残ってたデータのスクリーンショットを掲載

01

02


この他にも外部から取材された記事は消せないので普通に見れたりする。

■E-ne! 〜good for you〜 - Fm yokohama 84.7: 「ふくしま復興 ホタルプロジェクト」

さすがに「お外」には手が出ない模様です。

…電話番号調べて普通にかけたら全然出なかったし、湯本の事務所はシャッターが閉まったまま。川辺のホタルの絡みの設備は放置したままという話だし、これってどうみても「夜逃げ」ですよね。


なぜか講演会の開催


■8/19 震災に学ぶ私たちの新しいライフスタイルとは?: アトピーっ子育児の会のブログ
次回の勉強会のお知らせです。

再び東久留米市で開催しますよ

講師には、震災直後に、東京から福島へ移住し、ホタルを通じた復興支援プロ ジェクトを運営されている郷右近丸彦さんをお迎えします
(「アトピーっ子育児の会のブログ」該当エントリーより)


コメント欄には早速ツッコミが入ってますが、このイベントの中の人もホタルプロジェクトに参加してて、ツッコミ主二人に「興味があるなら参加して見ませんか?」と誘ってる。
いわき市の連中は来れないと踏んでるかは謎だけど、こういう人たちの繋がりが新たな騒動を生むんだろな…。

はじめまして
植原と申します
上記2名のかた、コメントありがとうございます
感心があるので、このブログに行きつき、コメントも下さったのだと思います
感謝・感謝です
私は、イベント当日湯本にスタッフとして参加していました
8月19日、是非いらいて下さい
そこで、詳細はお話できると思います
お逢いできるのを楽しみにしています
投稿: 植原紫貴です | 2012年7月27日 (金) 09時33分


このコメントがすごく気になったので名前を検索してみると、

■植原 紫貴 Facebook

■HOME|運命を知る・結ぶ・変える 植原紫貴のBMEカウンセリング

この人、ホタルプロジェクトの単なるスタッフじゃなくて、自分の主催する会の集客を兼ねて絡んでた訳ね。

だから郷右近(≠ホタルプロジェクト)の問題を知っててもセミナーは開催するし、余程のニュースにならない限り「田舎の人間は東京まで文句を言いに来ない」と踏んで行動するんだ。現地の人の忙しさは知ってるから。

セミナー・ビジネス完全否定するつもりはないけど、行動を裏付けする科学や技術的スキルも無く、自身の信者獲得のために被災地でカラ実績を作って別の町で「感動を演出する」って詐欺じゃない?





追記;

03



  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

トラックバック一覧

  1. 1. うそを語らせる

    • [Chromeplated Rat]
    • July 29, 2012 06:48
    • 例によってほぼリンクしたいだけのエントリになるけど。アクアマリンふくしまの復興日記の復興ブログの終了についてと云うエントリを読んだ(7月いっぱいで公開を停止するみたいなので、ちょっと悩んだけど魚拓へもリンク)。

コメント一覧

    • 1. カ
    • July 28, 2012 07:33
    • 初めまして。google+は残ってますね。(魚拓のとりかたわからない…)『今回、この企画のアドバイザーをしています。プレス対応もボクが担当しています。関心のある方はぜひシェアしてくださいね。』だそうですorz。
    • 2. ハエ
    • July 28, 2012 12:28
    • はじめまして。
      予算は県の地方振興局から100万円も出てますね。企画を通した県も問題ありかと。
      補助金の新聞記事
      http://p.twipple.jp/mBOq0
      地方振興局の募集ページ
      http://www.pref.fukushima.jp/iwaki/sougou/sinkoukyoku/renkeishitu/sapo-to/sapo-to01.html
    • 3. 管理人(ボウフラ)
    • July 29, 2012 13:49
    • 思わず名前を「マラリア」か「蛾」にしようと思った管理人です。

      「拡散希望」大好きさんは拡散した情報の収集とか、お片づけが大の苦手なようで…。

      助成金も行政や団体問わず「可及的速やかに」出すようになってるので、書類上の問題がなければ通ってしまうんです。今の状況だと時間をかけることが難しくても、クラウドファウンディング並に運営の公開&透明化は必須だと思いました。
      「出資者⇔当事者」間だと「当人の事情」を持ち出せばいくらでも事態をねじ曲げられる実情は、地元には聞く話ですので。
    • 4. みじんこ
    • July 30, 2012 16:55
    • こんな顔写真してた頃もあったんだなぁ…
      http://www.sbrain.co.jp/keyperson/K-7737.htm
      http://spysee.jp/%E9%83%B7%E5%8F%B3%E8%BF%91%E4%B8%B8%E5%BD%A6/1134281/
    • 5. 管理人(あめんぼ)
    • July 30, 2012 22:39
    • 沿岸部の小学校に本を寄付して回った時に、こういうツラした奴(郷右近とは別人のTED関係者を名乗る人)に実績詐欺にあったことがあります。
      なんか被災地でやらかす人って、こういうのが多いのかな?
    • 6. apj
    • August 01, 2012 02:22
    • はじめまして。
      主に悪徳商法系のニセ科学対応を細々とやってます。

      こんなものを通してしまったお役所の判断力が大変にまずいと思います。実は以前から、いろんな地方自治体経由で配る補助金を狙ってやってくる怪しい商売をやってる方々が問題になってます。担当者の方に選別眼があるか、なくても誰かに訊くことができればいいのですが、そこに失敗すると貴重な税金がインチキに使われ、ついでにインチキにお墨付きを与える結果になります。震災とは関係なくこの手の商売は行われていたのではないかと。

      今後油断していると入り込まれるというか既に入り込みつつあるのがEM菌など微生物で放射能を取り除くと主張するもの、単なる怪しい水溶液をバラ撒くだけで放射能が除去出来るなどとうたうもの、人体への放射能の影響を無くすとか減らすと主張する健康食品等ではないかと。

      どうか気をつけてください。まるきり無駄なものに投入するリソースの余裕など無いはずですので。

      私の方でも、学生には、将来地方公務員になってインチキに補助金出すようではいかんから今のうちに怪しい話を見抜く方法を身につけろ、と講義してますが、残念ながら今現在の福島には間に合いそうにありません。
    • 7. 管理人
    • August 02, 2012 00:11
    • ニセ科学もそうですが、こういうものに「自己顕示欲丸出しの目立ちたがり屋」が融合すると。今回みたいな展開になりやすいですね。

      今回以外にも周辺を追っていくと危ないプロジェクトがいろいろあって、これまた地元の痛い人につながっていくのがなんとも…。

      バカとバカの化学反応の末が風評被害や町同士の断絶を生むと思うと気が重い限りです。
    • 8. ミズスマシ
    • August 04, 2012 18:01
    • 例のホタルプロジェクトが反論文あげてますが、妙に論点がずれてる気が(^_^;)
      読解力の問題でしょうか・・・。


    • 9. 管理人(スズメバチ)
    • August 04, 2012 22:38
    • この話の前提は「地元の人が行った」だけど、郷右近のような「外から連中」のことはまったく除外されてるんですよね。

      それと地元の方に聞いた話だと、川の水質を勝手に変えたりと富原さんの指摘した以上の環境破壊を行なって逃げたことは、これまた記述なし。

      「委員会のメンバーはいまだ復旧復興ならない地元で、働きながらボランティアで対応しております。皆様に不行き届きも生じましょうがお許し下さい。」

      逃げた郷右近丸彦withフレンズは「地元で、働きながらボランティア」じゃないのでこれまた責任丸投げで逃げた訳です。
      そろそろ「空爆」要請をだそうとか思いました。
    • 10. タガメ
    • August 07, 2012 00:44
    • 外部からの持ち込み企画だった点はもっと取り上げられていいと思います。
      ホタルプロジェクト側の文章が間抜け過ぎて逆に悪意がか感じられない(苦笑)
      普通ならばggrksと罵るところですが、あまりにも相手が巧妙かつプロジェクト側が
      情弱だったんだなぁと。ホタル博士()は全国各地で同じ過ちを繰り返したいらしく、
      貴重な東西中間遺伝子の発生する可能性が捨てられないあわら温泉でばらまいてますし。。
      しかも旅館の庭に成虫放流という暴挙。毎年成虫捌く顧客確保なのでしょうか?
      専門家としてあまりにもいかがわしい。特許情報によると閉鎖的空間内でのホタルの累代飼育
      についての特許のはずなのに.あたかもホタルの累代飼育自体が自分の専売特許としている辺りも。
    • 11. 管理人(ピラニア)
    • August 08, 2012 19:11
    • 本当に困ってる街や人を狙って、という犯罪的な要素が増えたのが震災2年目の「偽復興プロジェクト」の特徴です。

      たしかに湯本側に突っ込みどころはあるんですが、だからといってつけこんで良いのか?といえば否です。

      こういう時代・状況だからこそ本気で戦わないとダメなんだと強く思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
media marker
  • ライブドアブログ